JAZZ BASSIST 佐藤忍
Text Size :  A A A
|  News  |  profole  |  Diary  |  Schedule  |  Mobile  |  Disc  |  Lesson  |  Contact  |  Link  |  BBS  |
Img_09de4738ea1bea12d33434b04964b46a
ご無沙汰の有田。
立石トリオで行きます。
16日と18日
色々と楽しみなのである。

翌日19日は単独行動、昔からのジャズの仲間、いや同士、兄弟(笑)
と再会演奏します。
博多ファイブ・ペニーズ
千葉妹佐美vo 久保田浩p
Img_ea974ccbb8e8a4160bb38d91440a8d5b
春になると出てくる地元野菜。
のらぼう菜で和風ペペロンチーノ。
能登の醤油、いしりが香ばしい。
Img_bcf631c7827b4d318a7eb1c5abc2d341
大きな工場はまだ新しい
Img_538791ca29be812279fe847c27a58ff6
Img_15a54cf9b9691d985864925f013dfa33
元は住宅地
2日目は早起きをして車2台で仙台から女川の海岸線を走ってみることに。

今回お手伝い頂いたお二人、弥生さんと阿部ちゃんは共に女優さん。
阿部ちゃんは特に石巻出身で震災当時は石巻で働いていて幸い高台に避難出来たそう。
そして燃える街をずっと見ていたそう。
言葉少なに話しをしてくれた色々な事、心に沁みております。
ありがとうございました。

石巻から閖上(ゆりあげ)地区。
すべて津波に流され、今は家や工場の土台が残るのみ。
その元家があった敷地の一画には生活の名残の品が残されていたりする。
子供のおもちゃだったり、欠けたお茶碗だったり、割れた表札だったり。

閖上地区は特に海から平地が続いているため、広い範囲で流されて何もない。
本当に何も。
あるのは3年の歳月を感じさせる伸びた雑草と区画ごとに残されたそこに住んでいた出あろう人の痕跡。
そして青い空、青い海。

閖上地区の高台にも登ってみる。
日和山。
上は公園になっており車でも登れるが海側からは急な階段のみ。
それも曲がりくねった長い階段。
避難の途中で吞まれた人も多いと聞く。

いつしか言葉もなくなり、ただ呆然と歩きただただ立ちつくす。

Img_83510731ef62c121ff0dc93d52c530bd
歩く、、
Img_7b96b4730db67ccdd8f095f2e212b81e
日和山より
Img_cfe7834229e0604d159a48c303ff615c
ずっと気になっていた。
行けない自分に少し負い目さえ感じていた。

そしてやっと行けた。
皆さん、今からでも遅くないですよ。
東北に行きましょう。
自分の目で見て肌で感じる事。
それが大事でした。

行けて良かった。
これからも女川、東北に行こうと思う。
もちろん美味しいものも観光もたくさんしてね。

そうそう、途中で寄った松島は変わらずに美しい風景でした。
たくさんの小さな島に守られたとの事。
うれしかったな。

最後に仙台の夜、美味しく楽しい打ち上げの写真。
さあ、東北に行きたくなりますよ(笑)

導いてくれた板野さん、そして素敵なお手伝いをしてくれた弥生さん、阿部ちゃんに、本当に感謝です。

Img_7097fb8493b9ce139876194c806eae18
絶品、ホヤの天ぷら
Img_63b77703f93457cf64bd2f812aae9354
撮る前に食べちゃった。高級料理、金華さば
Img_e8954d990ee467deb6bc2789da186dbc
松島トリオと立石。。あ、違った。立石トリオと松島。
Img_fa544392d40ce8dcd1112c2f7e16402e
美人女優の弥生さん、日本酒大好き(笑)
Img_cd3043bb4d5c492904adffe4e21c645e
3年ぶりにお会いできた登米市の大田さん。私の大事なお友達。
Img_b5594ef319ef58123aba4a6a214f73b8
お土産のホヤの塩辛。
Img_617cf206cb8eb562e73e3f96d46fa187
海鮮丼とアオサのお味噌汁。
Img_6a4d4db7cf315fc10da0ff98760559e1
はい、牛タン(笑)
Img_8eed5e9ce94caefced5ca5f6b5458fa8
バンちゃん作成
Img_6992ac90945fb099f7de83fa385e9b4c
FM前
Img_0a83c89c6eaadec935325247fb294dfd
差し入れのカキ氷。この日は暑かった。
と言うわけで急遽東北は女川へ行ってまいりましたよ。
立石トリオプ、ラス板野さんチーム。総勢6名。

8月のお話ですが。



話しの始まりはリハ終わりの打ち合わせ(飲み会です 笑 )
急遽参加した立石君お芝居の時の舞台監督の坂野さん。
出身が会津ということで話しは震災の事へ。

「 東北も行きたいのですが中々機会がないのですよね 」
「、、、では、行きましょう! !」

その場で手帳を出し合い出発は3週間後。
そこから板野さんの素晴らしい動き。
企画、立案、関係者各位への連絡、演奏場所探し、お手伝いの手配。
極めつけは旅のしおり制作(笑)
人は行動力がすべてだなと感心致しました。

女川までは片道450キロ
車で6時間の道のり。
やはり遠いのである、思っていた以上に。
Img_44a02e8a5d452f72d5affaa72559e827
高台から
Img_505efc303b526abb5f749d8d2de24b9b
横に倒れたビル。 しかも流されてこの場所だそう。
Img_b46caf4b95863585d16c7abe6a3411c7
昼前に女川町に到着しセッテイング。
場所は港の見える高台。
町立の病院もあり女川災害FMはその横に設置されてました。

天気はとても良く晴れており日差しもまだ夏の勢い。
空は青く雲は広く海は穏やか。
でもこの避難所となったこの高台さえ病院の一階まで津波にのまれてる。
20メートル以上ある高台である。
想像するしかない津波のその質量。
ただただ呆然とする。

お昼に生放送で軽いトークも交えての演奏。
暑い中聴いてくれた皆さん、ありがとうございました。


今は住宅地の盛り土、そして高台を更地に切り拓いての住宅の建設と、見た目にはまだまだなのですが
着実に進行してはいるようです。
そして避難所での事、様々な仮設住宅の事。
お話しをしてくれたおながわFMの松木さん、ありがとうございました。
Img_90567e60163695583fd4f02084ff693b
海の見える、、
Img_91df213e6ba9088f1cc3ee810151c7c5
ホール
Img_00ce80d4a329bf32eaa4a7f5419b5cbe
午後からは隣接する福祉センターのホールでの公演。
ここがまた海が見える良いところなのですよ。
午後になって時々発生する海霧のなんと切なく幻想的なことか。



ご年配の方から小さな子供までみなさんありがとうございました。

そして東京からお手伝いに来てくれている、坂野チームの
阿部ちゃん、弥生さんも本当にありがとうございました。
Img_bd496327f6840075249c3853735248d1
特性女川丼、海鮮たっぷり。
Img_54608477b616348f0f7a95afcee0d3b6
今だけの生銀鮭。
お昼ご飯に頂いた海の幸、本当に美味しかった。
これだけ食べるだけでも来る価値あり。

地元の方のお話し。
とにか来て欲しい、と。
来て、見て、感じて欲しい。
どれくらいの規模の災害だったかを。
そして観光も楽しんでたくさんのして欲しい。
美味しい物もたくさん食べて女川を、東北を、好きになって欲しい。
、、との事です。
Img_1eb00a7220bd1092ad13f4ac9d279d8b
しばらく休止中のDiary
そろそろ復活しますよ。
と、言いつつまずは告知でした。

立石一海トリオで初登場です。
皆様、是非お待ちしています。


西新宿 白龍館(KLAVIER HOUSE Hakuryukan)
 (Click!) 

2014年7月11日(金)
Open 18:00 Start 20:00(2ステージ、入れ替えなし、終演 22:30予定)
Charge ¥2,800

世界三大ピアノのひとつであり、「ウィーンの至宝」と呼ばれる名器「ベーゼンドルファー」の響き。
創業60年の人気オリジナル中華料理と豊富なお酒とともに、ごゆっくりお楽しみください。
Img_db1c483eb52b0042fcbbf446ba06dd54
さて立石一海トリオのコンサートのお知らせです。
日経ホール!
4月12日ですよ。

その前に池袋のApple Jumpに出演します。
3月22日です。
詳細は以下の通りです。
皆様、お待ちしております!!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 だれでも!『はじめてのジャズ!』
 ~ジブリ作品からミュージカルナンバーまで~
◎大手町 日経ホール
(地下鉄「大手町駅」C2b出口直結、日経ビル3F)
  (Click!) 

2014年4月12日(土)
開場 13:30 開場 14:00

料金:
全席指定 
大人=2,800円、こども(小学生~中学生)=1,200円、
親子券(大人+こども)=3,800円(税込価格)
※未就学児童のご入場はお断りいたします。

チケット:
チケットファン 
 (Click!)  
Tel. 0570-06-9977(アクセスコード119687)
イープラス  (Click!) 
チケットぴあ  (Click!)  
Tel. 0570-02-9999(Pコード=224-800)
※チケット発売日:2014年2月15日(土)

企画・制作・主催:サンケイリビング新聞社
協力:日経ホール

問合せ:サンケイリビング新聞社 事業部
Tel. 03-5216-9235(平日10:00~17:00)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 5th Anniversary Special Night
◎池袋Apple Jump
 2014年3月22日(土)
 Open 19:00 1st 20:00~21:00 2nd 21:30~22:30
 Charge ¥2,500 学生割引 ¥1,500
 ※1部、2部の入れ替えはありません。

 Apple Jump開店5周年記念スペシャルプログラム。
 ジブリからスタンダード、オリジナル曲まで何が飛び出すかわからない“Something's Beginning”な 夜をお楽しみください!